金利を安くする方法

キャッシングやカードローンを初めて利用する場合、ほとんどの人は初期の契約では最大限度の利率で契約を結ばれていると思います。消費者金融のキャッシングなどでは18%周辺、銀行のカードローンならば15%台が主流ではないでしょうか。この利率は借り入れの限度額と連動する形で設定されており、限度額があがるたびに利率が下がっていく仕組みになっています。いくら借り入れをしているか、というので変動するのではなく、どのくらい借りれることができるかによって変わりますので例え同じ100万円を借りていても限度額の大小で返す金額も大きく変わってくるのです。
ではどうすれば金利を安く=限度額を上げていくことができるのでしょうか。そのヒントは利用実績にあります。初回の契約時でも他の金融機関から借り入れがあってこれまできっちり返済してきた経歴があるなど、当人の評価尺度に利用実績は重視されています。つまりきっちり借りて返済するのを定期的に繰り返していれば自動的に評価は上がっていき、限度額の引き上げも見えてくるのです。ただ額としても一万円や二万円ではなく、数十万円程度でやり取りしないとただのポイント稼ぎとみなされて評価が上がりませんので、注意しておくべきです。半年ほどの借入の実績でも変わってきますので、もし現在半年ほど借り入れをしている金融会社があるのであれば増額を希望してみてもいいかもしれません。その際についでに金利も安くならないかかけあってみましょう。最悪だめだっとしても何も損をすることは無いのでダメもとで相談してみましょう。

関連記事はこちら: