総量規制と無関係!借れりる実績堂

色々な遅延があっても影響を受けないことがある

カードローンというのは遅延によって利用できなくなったり、過去の問題によって情報を残されてしまうという問題があります。一見すると全ての遅延に対して信用情報が残されるように思われますが、実際にはそのようなことはありません。公共料金の支払い遅延というのは情報に掲載されないため、基本的に影響を受けることは一切ありません。

しかし公共料金の支払いと言っても、それがクレジットカード経由なら話は別です。この方法だとクレジットカードの支払いを遅延しているということになるため、信用情報に書き込まれてしまいます。その情報を元にカードローンの審査が行われるわけですから、明らかに変な情報が掲載されているとなれば話は別です。このような人にお金を貸せないと判断されて、審査に落とされてしまいます。

公共料金の支払いが遅くなったからと言って、カードローンを利用することが難しくなるということはありません。しかしそれを経由しているのがカード系だった場合、信用情報に書き込まれるので注意してください。また公共料金と言っても、携帯電話の料金は対象外になっていますので、この支払いが遅延した場合も信用情報に書き込まれます。これらの情報に注意して支払いを行ってください。

関連記事はこちら: