消費者金融のネット申込の手順と注意点

消費者金融でお金を借りたいときに気になるのが申込方法です。利用したいと思っても手続きが面倒だと困ります。でも実際には申込方法はとても簡単です。特に最近は、インターネットで24時間対応なので、いつでも都合のよい時間にパソコンやスマホで申込みができます。

ネットで消費者金融に申込むときは、まずサイトの申込みページを開いて、必要項目を記入します。このとき年齢、職業、年収、家族構成、居住形態などの属性項目について詳しく書き込む必要があります。必要項目は正確に誤りなく記入することが重要です。

申込者が入力した情報をもとに、仮審査として属性スコアリングで自動審査を行います。もし記入したことが事実と異なっていた場合は、正確な審査ができないだけでなく、後で本審査で人が確認して虚偽の報告がわかると審査落ちする場合があるのです。

Web審査はとても短時間で結果がわかります。平均1時間程度で、メールか電話で審査の連絡をもらえます。ネット申込みは24時間対応ですが、審査は9時~20時なので深夜や早朝は連絡できない点は認識しておきましょう。

審査に通過したら契約手続きをします。本人確認書として免許証や保険証を携帯などで撮影してメール添付で送ればよいので、とても迅速に手続きできます。契約完了後に指定口座に融資金が振り込まれます。消費者金融のネット申込みはこのようにスムーズに行えます。

金欠になる前に活用したいキャッシング

即日審査や即日融資で有名なキャッシングも、いざ金欠に陥ってから大慌てで申し込むよりも、前もって申し込んでおけば困った時には即座に使えて便利だと言えます。このように、お金というものは「転ばぬ先の杖」的な考えが大切なのではないでしょうか。

同様に、私たちの日常生活においても、サイフを覗いてお金が無いことに気付いてから慌てて借り入れをするよりも、手持ちのお金が減り始める時に早めに借り入れを行っておくほうが、家計にも精神衛生にも良いと思われます。

この考え方は、或る意味では病気とよく似ています。病気も、発病して苦しくなってから病院に行くよりも、予防のために事前に病院へ行って健康診断などを受けておくほうが安心です。そうすれば、無駄に苦痛を味わうようなことも避けられるのです。

たとえば年末年始などで出費が多くなることが確実な時期ならば、手持ちのお金が乏しくなって困る前に、事前にキャッシングして手持ち資金を十分に確保しておくのです。そうすれば、サイフにも心にも余裕が生まれ、年末年始を健やかに楽しく過ごせることは間違いありません。

とにかく物事というものは、お金に限らず何でも、困ってから慌てて対処するよりも、困る前に対策を立てておくほうが合理的なのではないでしょうか。

関連記事はこちら: