新入社員でもキャッシングは利用できます!

就職活動が晴れて身を結び、来月からは新入社員という方にとって、現実的な悩みとなるのがお金の問題です。もちろん初給料日になればお金は入ってくるのですが、それまでの引っ越し代や定期代などに頭を抱えている人もいるのではないでしょうか。就職活動や、就職が決まった後にたくさん遊んだり、卒業旅行を奮発したりなど、学生生活の締めくくりを満喫されたりするとお金はどんどん飛んでいきます。転職組の方も、しばらくの休職期間中に口座のお金がすっかり減ってしまった、という事情があるかもしれません。一方、同期会などのお誘いがあった時は働き始めたばかりの時は特に付き合いにも気を使いますし、お金を理由には断りづらい物です。断ってしまって、「あいつは付き合いの悪い奴だ、次回から呼ばないようにしよう」などと言われようものなら就職早々大変です。こんな時、少しだけでもキャッシングが利用できれば心強いでしょう。
職歴の浅い新入社員の方にとってキャッシングは敷居が高く感じるかもしれません。しかし、キャッシングの審査基準は今後の収入が安定していて計画的に返済できるかどうかです。多額の融資は難しいかもしれませんが、初給料日までに必要な数万円レベルなら、職歴はあまり影響が無いようです。また、まだ内定段階で正式な辞令をもらっていないという方でも、アルバイトとして一定額以上の収入が見込めるなら申し込みは可能です。

キャッシングの申し込みをするときに年収を書く欄があります。

まだ一年働いていないんだけど…と思う人が多いのですが、ここでは見込み年収を記入しましょう。新入社員の人ですと固定給の人が多いですので基本給×12で計算できます。残業代や、インセンティブなどで多少金額が違ってくるでしょうが、そこまで細かいことは審査の際には言われません。

ただ、あくまでも見込みの年収で、正味一年間働いていませんので実際に借入できる金額は50万とかは厳しいというのが現在の主流です。

実際に借入できた金額として多いのが10万円程度です。

実際働き始めたばかりでも、アルバイトの物などでもいいですから前年の収入を証明できる書類、例えば源泉徴収票などをお持ちでしたら、交渉材料になるかもしれませんので一応申し込みの際に提出するのもいいかもしれません。

ちゃんと働いていた実績があり、就職した後も、もちろん継続して働きますということを真摯にアピールすれば当座をしのぐための5万10万程度の融資でしたら審査に通るのはそこまで難しくはありません。
もちろん、借入は返済できる範囲内で行うべきです。必要最低額だけキャッシングを利用して初給料日までをしのぎ、返済できるようになったらなるべく早く返済するようにしましょう。

実際に初給料をもらった時はうれしくて買い物などでつい使いすぎたり、親に今まで育ててもらったお礼にご馳走したりと意外と出費も多いものですのでそれを見越してキャッシングの枠を用意しておくことも無駄にはならないでしょう。

関連記事はこちら: