所得証明 不要キャッシングvocm1

キャッシングの審査と携帯電話料金

日本では携帯電話を持っていない人を探す方が難しいくらいになっています。ほとんど人が携帯電話を持っていますが、携帯電話を購入する時に本体価格が0円というものである場合には注意する必要があります。

携帯電話の料金を延滞した場合にキャッシングの審査に通過しない場合があるからです。一見すれば、携帯電話料金の延滞とキャッシングの審査には何の関係もないようですが、本体価格が0円と言う携帯電話では実は本体が無料ということではなく、高価な携帯電話の本体を分割払いにして、通話料などと一緒に月々にクレジットカード払いにするという方法である場合が多いのです。

このような場合には携帯電話料金を滞納や遅延してしまうとすなわちそれはクレジットカード払いの遅延や延滞ということになり、個人信用情報の金融事故が記載されている事故情報に乗ってしまう可能性があるのです。この信用情報機関の持っている個人信用情報はキャッシングの審査におおきな影響を与えます。そのうちで事故情報に金融事故の履歴が記載されてしまえば、その履歴がある一定の期間後の履歴の消去までは審査に通過するということはまずありません。これはカードローンの審査でも同じことです。

関連記事はこちら: