在籍確認なし カードローン人気要チェック

カードローンの審査に通るために知っておきたいこと

今や学生でも簡単にお金を借りることができる時代です。

窓口に行かなくてもインターネットや機械で申し込めば、スピーディーに審査ができ即日融資もOKというところもあります。身分証明があれば簡単に申し込めるイメージですが、実際は審査という壁があります。何回申し込んでも、どこに申し込んでも審査に通らないという人も少なくありません。スムーズに審査に通過する人がいる一方で、お金を借りたいのに借りれないと言う人がいるのも現実です。

 

では審査に通らないのは何故でしょうか。

 

これは人物の信用性の有無、この一言に尽きます。つまり返済能力があるかないかということです。

複数の金融機関でローンをしている、他社で多額のローンをしている、短期間に何度も借入しているなどは要注意とみなされます。過去の返済に問題があるなどブラックリストに乗ってしまうと、おそらく審査通過は厳しいでしょう。

本人だけではなく家族にそのような人がいる場合もチェックされます。収入は安定していても勤め先や、雇用形態、住居が持ち家か賃貸かなどでも細かく判断されます。審査基準は金融会社によっても異なります。同じ人物でもA社では落ちたけれども、B社では通ったということもよくあります。比較的銀行系は審査に通りやすいと言われています。

貸金業法の対象外であるため、独自の基準があり多くは審査を保証会社に委託しているのです。銀行の場合はそこに口座を持っていて、給与振り込みや公共料金の引き落としなどに利用していると信用性は高くなります。お金を借入れようと思う人は自分の信用性を客観的に判断し、借入先を選ぶとよいでしょう。

 

キャッシングの本人確認は怯える必要はない

キャッ シングを利用するときには、初回とかなら当たり前のように本人確認がされることになると思います。これはちゃんと申し込んだ人が記入した情報が嘘じゃない か?とかを確認するために行われるもので、住所とか、勤務している会社とかが本当か?を確認する場合に行われるものです。

こ れは単なる確認に過ぎないのですが、それでもあまり好きじゃないという人も多くいると思います。というのも、やはり仕事をしている会社とかに電話がくるの はちょっと嫌ですよね。だって、バレる可能性はかなり少ないにしろ、自分が借金をしていることが同じ会社の人間に知られたら、やっぱり気まずいですから ね。

借金をしているということは、お金に困っているということであり、それは自分にとっても欠点みたいに思えてきますから、やはりできるだけ隠したいでしょう。

しかし、基本的には同じ会社の人間にさとられる心配はまずないと思います。電話をして来る人間も勿論キャッシングの会社の人間とは名乗りませんから。

したがって、誰か別の人が最初に電話をとったとしても、仕事上の関係者とか、それくらいにしか思わないのではないでしょうか?逆に挙動不審になる方が怪しまれると思うので、ここは堂々と構えていましょう。

関連記事はこちら: