土日祝日でも即日借り入れが可能なカードローンとは?

土日祝日でも即日借り入れが可能なカードローンとは?

・金融機関は21時ごろまでが業務
申し込むならばできる限り21時までに行いましょう。
金融機関も会社ですので、業務の時間があります。少なくとも21時までには申込を完結させるようにしましょう。
また、通常は土日の即日借り入れは行っていないケースがほとんどです。
特に銀行系カードローンは土日に申込が来た場合は週があけて月曜日までは審査をしてくれないケースがあります。月曜日に回されてしまって土日は音沙汰なしになる可能性がありますので、どうしても土日に即日で借りたければ、消費者金融を利用しましょう。
消費者金融も土日は対応していない会社もありますので注意が必要です。
事前にホームページや電話で、土日の即日振込みが対応可能か調べることをおススメします。

・土日の即日融資が可能なのはどこか
銀行系カードローンでは、三菱東京UFJ銀行カードローンが、即日融資をうたっており土日の審査が可能になっております。申込はインターネットやテレビ窓口で行っています。
また消費者金融ではアコム、プロミス、モビット、ノーローンなどが土日の対応を約束しており、こちらもインターネットとテレビ窓口でのお申込に対応しております。

・ATMで引き出しましょう。
銀行は土日が休みですので、銀行振り込みでの送金は受けられないことが多いです。自動契約機などでカードを発行してもらって、ATMで引き出すことにしましょう。
また自動契約機も9時~21時ごろが営業ですので注意してください。
なるべく午前中のうちにネット申込を完了させて、審査に通ってから無人契約機でカードを発行して引き出すのがいいでしょう。

・銀行系カードローンでは三菱東京UFJが土日対応
銀行系のカードローンでは三菱東京UFJ銀行が、土日の対応を歌っています。
ただしテレビ窓口を使っての申込になります。銀行口座は不要なのですが、借り入れをするためには本人確認書類が必要となります。銀行のATMに設置してあるテレビ窓口でカードを発行してもらう流れになります。

・在籍確認はどうなるか
多くの企業は土日が休みになります。ですので在籍確認が行えないケースがでてきます。
この場合、たとえばプロミスでは、会社名が書かれた給与明細を提出することで在籍確認の代わりとしています。またアコムでは在籍確認を土日休みの場合は後回しにして対応することができます。
消費者金融では在籍確認は柔軟に対応してくれますので、申込の際に問い合わせてみるなりホームページをしっかり読み込んでご確認ください。

・その他の銀行系カードローン
たとえばオリックス銀行なども土日の融資に対応しているようです。また新生銀行のカードローンも同様です。

・24時間可能な申込
インターネット時代になって、24時間いつでも申込が可能になりました、これは利用者にとっては大変ありがたい仕組みですよね。必ずしもすべての人が昼間起きているわけではありませんので、夜中にも使えるのは大変ありがたいことです。
また、スマホが普及するにつれて、外出先でスマホひとつで完結するように申込を簡素化してくれている会社も増えています。パソコンを持たずにスマホだけを利用していると言う方も多く、そんな方のために向けてのサービスです。

・即日融資のメリット
すばやく申込が完結することで、メリットもたくさんあります。利用者にとってはすぐに現金が手に入る上に、借り入れ当初は金利がゼロにしてもらえるサービスを展開している会社も多いのです。また低金利のところから順に申し込むのも良いかもしれません、一般的に土日の即日融資を行っている会社からの借り入れは金利が高いケースが多いのです。その点を踏まえて、落ちたときのリスクも考えて複数社に申し込むことをおススメします。複数社で審査に通ってしまった場合はそのままカードを持っておけば、また次回お金が必要になったときに今度は審査なしで即時利用することができます。

・女性相談ダイヤルなどもあります
業者によっては、女性専用のローンを設けているところもあります。お金を借りることに抵抗のある女性や、男性のスタッフと話したくないと言う女性にとって、これは嬉しいサービスですよね。もちろん秘密厳守で周りにも知られることなく借り入れが可能です。
女性専用のローンは女性専用のダイヤルを設けて電話で相談に乗ってくれたり、窓口やオペレーターなどの対応スタッフがすべて女性でそろえられており、安心して相談することができます。お金を借りることにあまり良いイメージのない女性にとっても、これならば安心して相談に乗ってもらったり、お金を借りたりすることができます。

・限度額は低め
即日融資が可能になっても、限度額が低めの場合が多いです。思ったより借りられないという思いをするのを避けるために、複数社に申し込むことをおススメします。最大限度額が数百万円と大きくても、最初から高額のお金を借りることはできません。

関連記事はこちら: