収入証明を求められないときに審査を有利にする方法

収入証明不要でかなり大きな融資枠を設定してくれるカードローンがネット銀行などを中心に存在します。本人確認書類のみでカードローンの申込ができるのでとても便利なのですが、収入証明書を取らない、審査は厳しめであり、職業や収入の評価が高く他社からの借り入れも少ないなど好条件が揃っていないといけないという側面もあります。
収入証明を提出しないので、自分の職業や収入についてアピールしたい場合は他の手段をとることになります。中でも一番手っ取り早いのは社会保険証を本人確認書類に使うことです。
社会保険証、組合保険証、共済保険証などを本人確認書類として示せば、それらがある会社や組織で働いていることが簡単に証明できます。公務員や大企業で働いていることを示せるので審査ではおおいに有利になります。中には勤務開始年が記載されているものもあるので、勤続年数の証明もすることができ、これも審査では非常に有利になるポイントです。これらの保険証を所持している方は、本人確認にぜひ使用しましょう。
もし、このような保険証を持っていない方でも収入を証明する手段はあります。裏ワザに近いですが、実は自分から収入証明を提出することもできるのです。ただし、担当者やサポートセンターに連絡してのやりとりになるので、郵送などに時間がかかってしまうという難点があります。FAXやメールが利用できるならば、そちらを利用させてもらったほうがより早く審査が済むでしょう。

関連記事はこちら: