レイクカードローン審査口座可否達人

毎月の返済日と繰り上げ返済

キャッシングの返済は、毎月の返済日に行うものと任意で行うものがあります。

毎月の返済日は申し込みをしたその時に、任意で選べることが多いです。5日、15日、25日のうちから好きな日程を選択するという形式が多く、この返済日は利用を開始したあとからでも変更可能です。延滞を防ぐためには公共料金やクレジットカードと重ならない時期を選ぶと自動振替で残高不足になりません。延滞になると遅延損害金としてさらに最高金利が適用されてしまうので、返済日までに必ず返済を行えるようにしましょう。

この毎月の返済日のほかに、好きなタイミングで好きな金額を返済するのが繰り上げ返済、任意返済というものです。キャッシングの金利は日割りで発生するので、1日でも早く残高が減ると金利も安くなっていきます。特にカードローンは残高スライド方式を採用しているので、残高が減少すると返済額も減少し、完全に返済し終わるまでの期間が長くなりがちです。ここに繰り上げ返済を行うことで、早めに残高を減らし、金利の負担を少なくするのです。

ただし、繰り上げ返済と毎月の返済は別に扱われることが多いので、繰り上げ返済で払い過ぎた結果、次の返済日に返済ができないといった事態に陥らないよう注意しましょう。

関連記事はこちら: