カードローンの金利についての注意

カードローンの金利には、少し注意が必要です。というのも、金利についてはかなりカードごとに差がありますし、カードを選んだとしても、そのカードの中でさえ幅があるのです。
まず、最初に銀行系は金利は低い傾向にあり、それと比べると消費者金融系は金利が高い傾向にあります。銀行系内及びに消費者金融系内に関しては、多少の差はありますが、そこまで大きな金利の差はありません。ですから、金利以外の特徴で見てみて自分にあうと思うものを選べば後悔はしないと言えるでしょう。
ただし、この銀行系と消費者金融系の間にはかなり大きめの差があります。借り入れをする金額がそこまで大きくないですとか、すぐに返済ができるという場合には、この金利の差はそこまで痛手にはなってこないでしょう。ただし高額でしたら長期間の借り入れの場合には、金利の差はかなり痛手になってくる事が予想されますので、注意をするようにしてください。
またカードローン内の金利幅についてですが、こちらは基本的には最初の借り入れでは幅の中間あたりの金利になる事が多く、その後返済を怠らずに借り入れを続けて行くうちに、信用が高くなり金利も下がる傾向にあります。参考にしましょう。

キャッシングの金利幅について
キャッシング時の利払いを抑える工夫として、金利に着目する人は、目のつけどころが良いです。金利は利払い金額に直結するためその判断は正しいです。企業の金利に注目すると、利率が一定でないことに気づかれるはずです。たとえば、年利5%から17%といった具合に、幅が設けられているのが一般的です。企業の金利が一律となっていないのには理由があります。金利は、同じく企業が設定する限度額と、切っても切り離せない関係にあります。企業は限度額を考慮しつつ金利を設定するものです。そしてそこにはある関係性が成り立ちます。企業が高限度額を設定する場合には、低金利を採用する傾向にあります。反対に、企業の限度額の設定が低額の場合には、高金利の採用が予想されます。よって、50万円までの借り入れでは、年利17%付近の金利で貸し出しが実施されるはずです。300万円まで借り入れ可能である場合には、年利5%付近の金利が採用されることになります。ただし、キャッシングサービスご利用の初段階から、好条件の貸し出しが実施されるわけではありません。まずは返済履歴を積み重ね、企業からの信頼を獲得しなければなりません。企業からの信頼を得られれば、好条件の貸し出しが実施されることでしょう。

関連記事はこちら: