カードローンで保証人が必要な時の理由

カードローンを利用する場合は基本的に担保なし、保証なしで利用することができます。通常は金融機関から一定の額以上のお金を借りる場合は不動産などの担保を出すように言われたり、また誰かに保証人になってもらうように要求されます。
これは金融機関が何の保証もなくお金を貸した場合、もし返済してもらえなければその債権を回収することができなくなってしまうからです。
しかしカードローンは担保なし、保証なしで利用することができますがそれは融資する金額が数万円から数十万円単位の比較的少額であるということがその主な理由です。そのため例え融資をした人が返済をせず、債権を回収することができなくなってしまった場合でもそれほど大きな損害にはならないからです。
むしろ担保なし、保証人なしで融資のサービスを提供することによって、より多くの人が利用しやすくなるので金融機関にとっても顧客が増えるというメリットがあるからです。
しかしカードローンの中にもレアなケースではありますが保証人を求められることがあります。どのような場合に保証人を求められるのかというと審査をしてOKを出すのが微妙な人です。このようなときには念のために金融機関側もリスクヘッジのために保証人を要求することになります。

関連記事はこちら: