どのくらいキャッシングの計画を立てられるか

これからお金を借入れするとして、どのくらいで返済できるでしょうか。意外と返答に困る方も多いはずです。確実な計画を立てておくことは、キャッシングを利用する際の鉄則です。これは金融会社にとってもありがたいことですし、利用者にとってももちろん役立つことなのです。そこで、その計画について説明します。
もし借り入れをするなら、いつまでに毎月どのくらい返済に充てるのか、これを考えておかなくてはなりません。決して無理をして大きな金額を充てるのではなく、現実的な金額の元返済計画を立てるのが確実な返済のコツです。金利があるから早く返済したい、という気持ちはわかりますが、余計泥沼にはまってしまう可能性も十分考えられるのです。
また、返済日に何日に設定するかなどもポイントです。給料日のすぐ後にしておけば確実にお金が手元にありますし、自分が考えていた金額を返済に充てても困ることもありません。金融サービスによって設定できる返済日が違うケースも多いので、あらかじめ希望している返済日があるかどうか確認しておくとよいでしょう。
事前に調べておけば、何の不安もなくキャッシングを利用できることでしょう。行き当たりばったりで返済を繰り返すのではなく、しっかりとした計画の元返済していきましょう。
キャッシングには計画性が必要ですが、何かと慌ただしい年末年始こそは、より入念に計画を立てなければなりません。まずは安全で確実な返済計画のために、必要な金額を算出します。それは、あくまでも本当に必要な金額にすべきです。「正月は物入りだから、多めに借り入れしよう」と思うことは多いですが、それではいけません。多めに借りたら遊び金に消えてしまうのが正月というものです。ここはひとつ、ぐっと堪えて必要金額だけに絞ります。

また、毎月の返済約定日と支払い金額、完済予定日も、しっかりと頭に入れておくべきです。もしも完済までに長い期間かかってしまうようなら、借り入れ金額も考え直さなければなりません。完済までの期間が長ければ長いほど、借り入れ額は逆に低く抑えることがコツです。そうすれば、利息の負担分も少なくすることが可能です。

それから年末年始に向けてのキャッシングでは、既に他社から借り入れをしているようなら、借り入れ金額は更に大きく減らさなければならなくなることもあります。そうしないと最悪の場合、多重債務に陥ってしまう危険があります。実際、お金のかかる年末年始がきっかけとなって借金苦に陥る人は昔から多いのです。とにかく、金融事故だけは起こさないように気を付けましょう。

キャッシング・カードローンで借りられる最低条件とは?

この不景気の最中ではキャッシング・カードローンに頼らざる負えないという人も多く存在しているでしょう。
しかし、キャッシング・カードローンの借り入れを受けるためには審査を通過しなければいけません。
この審査というのは基本的には銀行系のキャッシング・カードローンが厳しめで、消費者金融系・信販系のキャッシング・カードローンは緩めになっているとされています。
ですが、具体的な審査基準というものは各業者によって微妙な差異が存在しており、それがどのようなものなのかは残念ながら借りる側の方が知ることはできませんが、どんなにゆるめのところであろうと最低限の条件は存在しています。
まずは、安定した収入があることです。
コレはパート・アルバイトであっても一定の収入があるのなら条件はクリアしています。
もし、専業主婦であっても配偶者が安定した収入があるのなら銀行系であれば申し込みが可能なところもあります。(但し、借り入れ限度額は低い)
つまり、無職の方が借り入れを受けるのはどんなところであっても難しいです。
また、事故(延滞や自己破産など)を起こした方やすでに複数の業者から借り入れを受けていてまだ返済が終わりそうにないという人も新しい借り入れを受けるのは困難です。
但し、事故の場合は時間が経てば記録が消えるので時間を待てば借り入れを受けられる可能性は高いです。

キャッシングに期待したものの希望額借りれなかったというのはよくあるケースです。どうしても初めは限度額が低く設定されてしまうものです。

じゃあどうすれば限度額を上げられるのか?

それには返済実績を作るのが一番の近道となります。新規で契約してからまず半年が最短の目安となるようです。どうしても信用を得るにはある程度の期間が必要となってきます。ですので契約してから最低半年は増額が叶うことはありません。

また消費者金融の場合、総量規制により年収の1/3以上借入することが出来ないのでいくら増額を希望しても年収の1/3の限度を超えることは出来ません。

関連記事はこちら: