消費者金融一覧で優良業者がまるわかり

・キャッシングにおける審査
急な出費を強いられた時、キャッシングでお金を借りようと思ったことがある方もいらっしゃると思います。しかし、仕事についてないと審査が通らないのではないか、以前支払い遅延起こしたことあるから借りることが出来ないのではないかという不安や疑問を持っている人も多いと思います。そこで、キャッシングにおける審査について理解しておく必要があります。
そもそも審査とは、申し込みをしてきた人が貸付をしても大丈夫な人か見極めることを言います。例えば、以前お金を借りたのに一回も返したことのない人にお金を貸したいと、誰も思わないですよね。それと同様に、キャッシング会社もお金を貸し付けるに値するかどうかちゃんと調べて、貸し倒れのリスクに備えているのです。
アコムやアイフル、プロミス、モビットなどの消費者金融の審査要件は、比較的緩いと言われています。確かに銀行で借り入れを行う場合は、ちゃんとした職業についていないと、借り入れできない場合も多くあります。一方で、消費者金融は銀行と異なり、金利が高く貸付額も比較的少額であることが多いので、フリーターやアルバイトで生計を立てている人でも借りられるように、ビジネスモデルとして銀行よりも審査要件が緩くても経営が成り立つというわけです。

・カードローン審査の基準
最近よく聞くカードローンはカードでお金を借りることで、借入れ機関は銀行や消費者金融会社などがあります。その場合使い道は確認されませんが、審査があって通らなければお金を借りることができません。審査の基準は金融機関によって違うので一概には言えませんが、誰にでも急な出費は考えられます。どうしても必要なときは利用してみましょう。
お金を借りると言うと不安がありますが、使い方を間違えなければ非常に助かるものになります。審査基準で考えられることは収入です。もちろん多いにこしたことはないですが、それだけを見られるのではなく安定しているかどうかです。さらに仕事は職種というよりも勤続年数を見られます。想像してわかりますが、仕事をコロコロと変えている人よりもたとえ収入が少なくても安定していて同じ勤務先で長く務めている人のほうが信用を得られるということです。意外なところでは住所です。頻繁に引っ越しをしている人は何かあるからというふうに見られる場合があるのです。
急な出費に対応したいのですから、早く現金を手にしたいところですが、実際にはカードローン審査に申し込んでみないと借り入れができるかわかりません。ですから迷っているヒマはありません。すぐにさがしてみることが先決です。

・信販会社と消費者金融の間で共有される情報
より密接に情報を共有している信販会社と消費者金融、キャッシング業界の中でも信販系の会社と消費者金融は密接な関係にあります。それぞれの業界は信用情報機関を有していますが、その2つの業界の信用情報機関はFINEと呼ばれる情報共有ネットワークを作り、互いに信用情報を提供しあっています。その内容は銀行と共有している信用情報よりも詳細な部分にわたっています。
FINEで共有される信用情報、FINEでは本人の情報以外に、契約情報と申し込み情報が共有されています。このうち契約情報には、銀行業界とも共有されていた事故情報はもちろん、それ以外の詳細な内容にわたる利用歴が記録されています。契約を行った日付から融資金額、残っている残高、返済の遅れの有無まで事細かな情報が含まれているのです。
つまり、信販業界と消費者金融業界の会社は、個人についての利用情報をほぼ完全な形で共有し、把握しているということになります。キャッシングの申し込みをした時点で他社にどれだけ借り入れがあるかなどは筒抜けになっているのです。
両者がここまで詳細に信用情報を共有するのは、この2つの業界がともに総量規制による制限を受けるからという事情もあります。総量規制は個人の借り入れをトータルした金額で制限がかかるため、他社借り入れを把握できていないと違法な融資になってしまうおそれがあるのです。